結婚内祝いを贈る相手のことを考慮してギフトを選ぼう

結婚内祝いを贈る時のタイミングや相場~マナーを守ることが大事~

okurimono

結婚内祝いを贈る相手のことを考慮してギフトを選ぼう

箱

両親へお返しを渡すタイミング

通常は結婚内祝いを送るなら挙式後1カ月以内に送るのが礼儀とされています。しかし両親に結婚内祝いを送る場合のタイミングは決まっていません。新婚旅行から帰って、新居に落ち着いた時にご両親を読んだ時にお礼の言葉と一緒に旅行のお土産を渡すのも良い方法です。最近では一緒に旅行も楽しめるプランもあるので内祝いとしてお送りする家族もあります。これは海外で挙式を行った後、両親や家族と一緒に旅行をして、帰国後披露宴(パーティー形式)を行うような形です。両親への内祝いも時代とともに形が変わってきました。

友人への内祝いに最適な品物

友人への結婚内祝いを送るならカタログギフトを送るほうがスマートでしょう。もちろんすでに友人の好みがわかっているなら好みの品を送るという方法もあります。最近は送る側も迷わず、贈られた側もうれしいということでカタログギフトを送るケースが増えています。これなら双方気も遣わず、いつでも楽しみながら好きな品を選ぶことが可能です。最近では結婚内祝いというジャンルに沿ったカタログギフトも登場しているので便利です。

同僚への内祝い金額相場

職場の同僚から頂いた金額がどの程度のものなのかによりますが、一般的には頂いた金額の半分である「半返し」というのが通例です。これは引き出物で同様のものをお渡しするということもありますが、喜ばれないこともあるので半額でお返しするというのが金額相場です。また間違いが無いように頂いた金額を必ず書き留める、品で頂いた場合はおおよその金額の検討を付けておきましょう。

結婚内祝いはインターネットでの購入が便利

最近はお歳暮・お中元もインターネットで購入し送る方が非常に増えています。結婚内祝いも同様です。インターネット経由で購入して、のしや表書きまでつけて送ってくれるサービスが整っています。これならデパートや路面店にわざわざ行く必要がないので便利です。またインターネットで送ると日付指定ができる場合があるので、送る時期が決まっていたら予め連絡しておくことも可能です。

お礼状が必要!発送する場合のポイント

目上の方に結婚内祝いを送る場合、本来はご挨拶すべきところです。しかしそれを省いた場合は結婚祝いを頂いたその日や後日に必ずお礼状を送付しておきます。もちろん結婚内祝いに同封しても構いません。

広告募集中