結婚内祝いの相場や半返しについて知っておこう

結婚内祝いを贈るタイミング~基本的なルールやマナーを把握しよう~

okurimono

結婚内祝いで注目したいポイント

結婚内祝いはお送りする時期と金額の目安を予めおさえておきましょう。結婚内祝いとは、披露宴にご招待できなかった、事情により欠席された方から結婚祝いを頂いた場合にお送りするものです。地域によっても習慣が異なる場合があるので身近な方に確認してもよいでしょう。

結婚内祝いの相場や半返しについて知っておこう

ギフト

結婚内祝いを贈るタイミング

結婚内祝いを送る時期は挙式後の(もしくは入籍した後)1カ月以内が目安と言われています。内祝いの多くが1カ月以内とされているのでそれと同様です。結婚式を挙げていないない場合でも結婚お祝いを頂いたら同様に1カ月以内にお送りします。本来は直接お礼を述べると共に夫婦で持参すべきなのが結婚内祝いの正式はお返しです。しかし最近では遠方の場合やお送りする側のご都合も考慮して、配送しても問題はありません。ただし事前に結婚内祝いをお送りすることを伝えておきましょう。

結婚内祝いの品物の選び方

結婚内祝いの品物には、自分では買わないけれどあるとうれしい品、高額なので買いにくいものといった品が喜ばれます。ただし頂いた金額のお返しで見合うなら引き出物と同じ品を送っても問題はありません。また最近ではカタログギフトのような形で先方の方に選んで頂く方法も非常に人気があります。これなら先方の方の好みや趣味がわからなくても、品物選びに迷う必要はありません。ただしお送りする場合は縁起がよくない品が載っているカタログは避けるようにしましょう。また結婚内祝い専用のカタログギフトもあります。

結婚内祝いの費用相場

結婚内祝いのお返しは頂いたお祝いの半額の品を返す「半返し」という考え方が一般的です。これが費用相場と言われていますが、それを気にしすぎるあまりかえって失礼になることもあります。お送りする相手と自分達の関係性や地域の習慣を考えて対応するようにします。また自分達より目下の人ならお祝いと同額程度のものをお返しするのが目上としてのマナーです。一方で高額過ぎるお祝いを頂いた場合は、半返ししてもかなりの金額になることがあります。このような場合はお返しを三分の一程度にしておき、感謝の気持ちを心から伝えることが大切です。

広告募集中